浄土宗のまめ知識

ホーム > 浄土宗のまめ知識 > おまいりする作法

おまいりする作法

(1)合 掌
合掌のしかたにはいろいろあるが、浄土宗では堅実心合掌と叉手合掌の二通りの方法があります。
在家の方は始めの堅実心合掌をして下さい。
これは両掌を正しく揃えて合わせ、胸の辺りにやや斜めに堅く相合わせる。
仏凡一体、彼此一体の和の極地の姿で、心を統一して礼拝する表現であります。


(2)数 珠(念珠、ズズともいわれている)
数珠にもいろいろありますが、浄土宗の壇信徒用としては主に日課数珠(二連のもの)を用います。浄土宗はお念佛を唱えますので、数珠をくって、日課の念佛を数えることに用います。
数珠のかけ方は下の図のようにします。
親指と人さし指の間にかけ、親指の後の方へたらす。
合掌しない時は左の腕首にかける。
数珠のかけ方


(3)焼 香
佛前に清らかな香捧げ奉ると共に、わが身のけがれを除き、身心清浄なるをねがいます。

焼香の回数については
一回 一心不乱に拝む心
二回 戒香(みおしえの香)、定香(しずけさの香)
三回 貧(とん)-むさぼり、瞋(じん)-いかり、痴(ち)-おろかの三毒を焼きつくし清浄ならしめる意。

◎焼香は順番を待つ人が居るときは一回でよろしい。

焼香の方法
親指、人さし指、中指の三指で香をつまみ、これを仰向け、左掌に受け、頭上に頂いて後、薫じる。


(参考)お霊膳の供え方

霊膳
※このお霊膳は、必らず精進料理でなければなりません。